アイコン凡例
投稿者の画像
2017/08/15(火) 22:55
ローストパン等でピーマンを焼きつけるのは?
二つ割りにしたピーマンやパプリカをローストパンでじっくりと火を通すと、甘くなってとっても美味しくなるので、よくやっていたのですが…
ピーマンやパプリカから、ねっとりとした成分が溶だし、それが焦げついて、洗っても完全には落ちず、ローストパンの劣化を早めてしまい、丸三年で再加工に出しました。

ピーマン・パプリカも、なすびやさつまいものように素焼きNGで注意が必要な食材なのでしょうか?

(素焼きにはしていませんが少量のオリーブオイルで弱火でフタをして焼きつけていました)

スペースパンで、ピーマンを焦げ目がつくまで焼く事もあるのですが、スペースパンでは焦げつきは、スルッと落ちますし、ローストパンのような症状は出ていません。


再加工に出してからは、ローストパンでのピーマンの焼きつけは怖いのでやっていません。

同じような経験をされた方は、いらっしゃいませんか?
私の使い方が悪かったのでしょうか?
いいね!
13
お気に入りに追加
※掲載されているコメントは、アサヒクッキングパーク(アサヒ軽金属コミュニティサイト)にご登録いただいたお客様より頂いたものです。 お客様の個人的な感想であり、内容を保証するもので はありません。